白水レディースクリニックは開院30周年を迎えました。

30年前の7月1日、父「白水 充典」が産婦人科クリニックを開院しました。

初日の外来患者様は1日で3名だったそうです。

 

朝、スタッフよりお花をいただき、「30周年おめでとうございます♪」との言葉をかけてもらいましたが、

 

自分はまだ2年しか勤務しておらず、久留米大学病院の医局員でもあり、イマイチ実感が沸かず複雑な心境でした。

その言葉は父に対して言ってもらう事としました。

 

ただ、今後は自分が実感を持てるようさらに頑張っていきたいと思います。

患者様、スタッフとも今後も白水レディースクリニックを宜しくお願い致します。

お花有難う!

DSC_0591