がん検診について

症状がなくとも、年に一度は検診を受けていきたいものです。年一回の検診を受ければ子宮頸がんで命を落とすことはありません。
当院では子宮頸がん検診・子宮体がん検診を行っています。
鳥栖市子宮がん検診委託施設です。>>鳥栖市役所

子宮頸がん検診 20歳以上の方は、2年に1度、鳥栖市の子宮頸がん検診を受けることができます。
子宮体がん検診 50歳以上、不正性器出血やエコー検査で子宮内膜の肥厚がある場合、乳がん、糖尿病の既往などの方におすすめします。

婦人科のガン検診は、子宮の入り口付近(頸部)や子宮の奥(内膜)の細胞をとること(細胞診)などにより検査します。
卵巣にできる卵巣がんに対しては、超音波診断装置などを用いた検査が有効です。
初期の自覚症状がないこともあります。特に卵巣ガンは発見されたときには進行癌であることが多いため、定期健診が大切です。
下記のような症状がある方は早めにがん検診をお受けになることをおすすめします。

・不正出血
・月経の異常
(月経血が増えた)
・おりものの異常
(茶色いおりもの、水っぽいおりものなど)
・下腹部痛、腰痛