更年期障害について

女性ホルモンの分泌が急速に低下する閉経前後の女性特有の症状を更年期障害といいます。
たとえば、ほてり、肩こり、偏頭痛、イライラなどをはじめ、骨が弱くなる・皮膚の弾力が無くなるなど、女性ホルモン不足が引き起こすさまざまな症状のことをいいます。
当院では、HRT(ホルモン療法)、漢方薬による治療、プラセンター治療などを行っています。
個人差がありますので、お悩みの方はご相談ください。

Q:更年期とは?

A:
女性のライフスタイル
女性の一生は、新生児・幼年期、思春期、性成熟期、更年期、老年期といった
ライフサイクルに分けることができます。
これらのライフサイクルの形成には、女性ホルモンの分泌が大きく影響しています。

幼年期=女性ホルモンが分泌されていない時期
思春期=女性ホルモンの分泌が始まる時期
性成熟期=女性ホルモンが盛んに分泌される時期
更年期=女性ホルモンの分泌が急速に低下する時期
老年期=女性ホルモンが慢性的に欠乏している時期

Q: 具体的年齢は?

A:
性成熟期を過ぎると、卵巣機能の低下に伴い女性ホルモンの分泌が急激に減少し
50歳頃に閉経を迎えます。
その前後の約10年間、45~55歳ごろを更年期と呼びます。
子供を産めない状態へと変わっていく過渡期であり、女性のライフスタイルの中では
思春期とならび大きな転機なのです。
更年期(climacteric)は、その語源がclimaxにあるといわれ、
人生の絶頂期すなわち総仕上げ、結実を迎えるクライマックス的意味合いを持つ期間
を表して派生したものと考えられています。
この時期には、内分泌環境の急激な変化に加え、社会的あるいは心理的な因子により
更年期障害といわれる様々な不定愁訴が出現します。

Q:閉経とは?

A:
「卵巣機能の衰退または消失によって起こる月経の永久的な閉止」 と定義されます。
通常、更年期夫人において1年以上月経をみなければ閉経(menopause)と判断されます。
これはこの時期の女性では1年以上経って月経が再開することはほとんどないためです。
大部分の女性は、月経が不規則あるいは稀発となり、次第に閉経に移行します。
規則的な月経に引き続いて突然閉経に至るケースは10%程度なのです。
閉経以前の時期を閉経前期(premenopause)、閉経以後の時期を閉経後期(postmenopause)、
また閉経前後の数年間を閉経周辺期(perimenopause)と呼びます。

Q: 閉経の年齢分布は?

A:
日本産科婦人科学会の報告によると、日本人女性の
平均閉経年齢は49.47歳
50%閉経年齢は50.54歳
10%閉経年齢は45.34歳
90%閉経年齢は56.34歳
です。
初経年齢が時代とともに低年齢化したのに対し、
閉経年齢は古代よりほとんど変化していないと言われています。
世界的にみてもいずれの国も50歳前後で地域差もみとめられません。